2022年03月28日

クレステッドゲッコーの成長記録

我が家のクレステッドゲッコーですが、以前のブログでも書いた通り、二か月に一度産卵するくらいには大人になりました。
成長過程を写真で並べてみると、モリモリ大きくなっていて面白かったので、こちらにもUPしてみます。
2020年4月お迎え当日、お迎え翌日。生後1~2か月くらだと思います。ちっさい…
湿度維持の霧吹きと温度維持が欠かせません。
お迎えから2週間後くらい。2020年5月。一回り大きくなってます。
2020年6月~7月。どんどん成長して安心ヤングサイズに。コオロギ爆食。
この頃は元気いっぱい、夜中に脱走し明け方まで探しました…。
2020年8月~10月。さらに成長。二か月でこのサイズ差…。この頃には性別が分かり、メス確定。
IMG_20201116_201137.jpg IMG_20210125.jpg
2020年11月~2021年1月。ほぼフルアダルトサイズ。だんだんムチっとしてきました。
2021年3月。初めての病院で大暴れ…。腰に生まれつきの変形がありました。
IMG_20210922.jpg IMG_20211005.jpg
2021年の夏ごろから、普通に食べても無駄にムチムチしてきたと思ったらまさかの産卵。
今は2か月に一度、定期的に産卵しています…婿悩み中。立派な大人になりました。

こんな感じでお迎えからもうすぐ2年になりますが、よくぞここまで育ったと感無量です。いつから育てても可愛いですが、ベビーからは格別です(気は使う)し、日に日に図々しくなったり人間観察をしてくるので面白いですよ。(うちだけかもしれませんが…)

これからも元気でいてもらえるようにお世話に励みたいと思います。

投稿:渡辺


posted by towa at 10:28| 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月24日

お引越し(ヤモリ)

お彼岸の三連休は雨続きでしたが、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

絶賛引きこもりの私はヤモリ(ボウシトカゲモドキ)のお引越しをしました。
IMG_20220129_164916.jpg
こちらがお引越し前。左が成体の半蔵、右がベビーの景虎です。半蔵のケージの底が割れ(危ない)、景虎に至っては200円の虫かごです。いい機会なのでまとめてお引越しです。
左が半蔵(成体)、右が景虎(ベビー)

お引越しのケージは幅30cm×奥行20cm×高さ15cmのレプタイルボックス(爬虫類用のアクリルケージ)を使います。
床材を敷いて、シェルターとコルクや流木でレイアウトして出来上がったのがこちらです。(引っ越し所要時間約1時間半くらい。写真にすると一瞬…)
IMG_20220321_152953.jpg

初めてアクリルケージを使いましたが、軽くて大きさも丁度よく非常に良い感じです。使いやすい。でも、このサイズの生き物までですね(全長15~20cm弱)すっきりしていい感じになりました。

ついでにクレステッドゲッコーのチャコもケージの丸洗いしたのですが、一時間かかりました…。
IMG_20220306_170638.jpg
汚す天才です。とにかく汚します。先日3回目の産卵を滞りなく済ませていまして、元気ですが婿をどうするか産卵の度に考えます。(気が小さいので、厳しい気もします…)

次の掃除は1か月後です。

寒暖差が激しい日が続いているので、皆様体調にお気をつけてお過ごしください。


投稿:渡辺





posted by towa at 15:43| 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月18日

弊社フリー在庫情報 即納可能在庫品


弊社では即納可能な半導体製品をHPに乗せております。
お探しの際は、こちらをご覧下さいませ。
東和電子ロゴ.gif


在庫数は常に変動しておりますので、
弊社HPの問合せフォームまたは
各営業担当へメール又はお電話にて問い合わせを頂けますと幸いです。


記事投稿 東京営業所アシスタントS
posted by towa at 10:00| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月08日

きくちゃんの脱走とベビーの体調不良

タイトル通りですが、先日我が家のレオパードゲッコーのきくちゃんが脱走しました。
IMG_20220119_201512.jpg
脱走犯はこちらです…。

悪いのは掃除後にケージの扉を全開にしていた飼い主なのですが、ほぼ丸2日お外を満喫していました…。
変温動物(爬虫類)の寒い時期の脱走なので動けなくなっている心配もありましたが、隣の部屋の押し入れの奥に懐中電灯を当てたら仁王立ちしていました。見つかってよかった…。(その後、ケージにはカギを付けました)
1645311057936.jpg
すごい不満顔してますね。昨年の夏も脱走しましたもんね…。

それとは別にボウシトカゲモドキも寒さと湿度不足のせいで体調不良になりました…。飼い主の温度管理がゆるすぎて反省しかありません。
IMG_20220120_204801.jpg
半蔵殿、脱皮不全。いつもは放置していますが流石に目元なので手伝いました。

IMG_20220228_195418.jpg
景虎は肺炎になりかけました。お薬で無事に治りましたが部屋が寒すぎた。今はコオロギ爆食しています。

IMG_20220212_195107.jpg
ほんと小さいので、温度管理がダメなのは致命的でした。


爬虫類、難しいと改めて認識しました。今は皆さん問題なく生活しておりますが、気を緩めてはだめですね。
2月は反省の1か月です。(しかしなぜか餌のコオロギだけ、非常に健やかに成長…)


投稿:渡辺


posted by towa at 12:51| 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月04日

アイソレータ②

今回は、アイソレータの種類について簡単に紹介しましょう。

★アナログアイソレータ★

アナログアイソレータの代表的なものに「フォトカプラ」があります。
フォトカプラ.png
これは、LEDとフォトトランジスタ等を組み合わせた構造で、要は電気信号を一度光に変換(LED)して、その光の変化をフォトトランジスタ等で受け取り、電気信号として出力するものです。

信号のやり取りが、デバイス内で光によって行われるため、高い電気的絶縁が得られます。
長い間使われてきたデバイスであるため、種類も豊富で使い易いのですが、反面、LEDを使っているため、他の半導体に比較してどうしても寿命が短い傾向にあるという問題もあります。
また、消費電力が高めなことも、デメリットとして挙げられます。
国産だと 東芝シャープ、ルネサス 海外だと EverlightBroadcom あたりが有名でしょうか?

★ディジタルアイソレータ★

フォトカプラのデメリットの克服の1つの解として出てきたものが、ディジタルアイソレータと呼ばれるもので、近年急速に普及してきました。
海外メーカーが強く アナデバ(MAXIM)BroadcomNXPあたりが有名です。

① インタラクティブタイプ
コイルを使って絶縁する方法です。
構造はトランスに似ています。電磁誘導(フレミングの法則)を使って、入力側のコイルに入力された信号を、出力側コイルに出力させます。
フォトカプラに比較して、耐久性は抜群ですが、基本的にディジタル信号にしか使えないことと、周辺の磁界が強く(電流が大きくなると)磁気の干渉を受けやすくなるデメリットもあります。

② キャパシティブタイプ
コンデンサの仕組みを使ったタイプで、静電誘導を使って信号のやり取りをします。
ご存じのようにコンデンサは、直流電流は通しませんが、交流は静電誘導効果で信号を通すことができます。
高寿命で、低消費電力。インタラクティブタイプと違い磁界の影響を受けませんが、基本的にディジタル信号のみの対応となります。

このように、各デバイスそれぞれの特徴があり、要求する回路に合わせたチョイスが可能になって来ました。

弊社でも、東芝製のフォトカプラは、多くの実績がある製品ですし、他社製品の取り扱いも可能ですので、ぜひお問い合わせください。


記事投稿:池田

ラベル:アイソレータ
posted by towa at 16:19| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月25日

アイソレータ①

久しぶりのBlog更新です

今回は、電気屋らしく、「アイソレータ」について書いてみようと思います。

そもそも「アイソレータ」とは、どういう意味なのでしょうか?
簡単に言ってしまうと電気的に「絶縁」するという意味です。なぜ、電気回路に於いて「絶縁」が必要になってくのでしょうか?

アナログ機器にしろ、ディジタル機器にしろ、現在の電気回路では、複数の電源電圧や、信号の入出力が回路内に混在しているケースが大多数です。

例えば、下記の回路の様に、1つの信号源より、異なった2つの出力を得ようするケースを考えてみると…

アイソレータ.JPG

このような場合、アースを通じて、信号が回り込みを起こし、出力2の出力がバイパス状態となって、信号が予定通り出力されない場合があります。
そのような時は「アイソレータ」を使って、出力1.2を「絶縁」させることで、信号の回り込みを防ぐことができます。
その他には、電源電圧の大きく異なる回路を「絶縁」させることで、回路の安定を図る等に使われたりもします。

アイソレータの種類ですが(電気回路で使われるもの)大きく分けて2つの種類があります

1. アナログアイソレータ…皆さんおなじみのアレです。
2. ディジタルアイソレータ…最近普及が広がってますね!


次回は、上記2種類のアイソレータの構造や特性について話していきたいと思います。


記事投稿:池田

posted by towa at 16:56| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月04日

立春

今日2月4日は立春です。

暦の上では、今日から春なんですが、東京でも寒さの本番はこれからです。
(東京では、これから雪の降りやすい季節になります)

立春の前日は節分ですが、皆さん豆まきしましたか?
うちでは、形だけ…ほんのささやかですが、毎年実施しています。

現在の日本では、季節感はどんどん薄れていってしまっています。せめて、行事を行う事で季節の変わり目を感じることができればと思いっています。

ところで、最近では関東でも恵方巻」Wiki習慣になりつつあるようです(コンビニなどでは盛んに宣伝していますね!)
「恵方巻」はもともとは関西圏の風習だったようです。
ちなみに私の子供のころは、「恵方巻」の習慣は知りませんでした…
季節の習慣も、変わってきているのですね。

さて、私事ですが、これからは「あの」シーズンも本格化してきます。
そう! 春は花粉症の季節でもあるのです。
これから桜の咲く時期までは、しばらく悩まされそうです…

花粉症の皆さん! お互い頑張りましょう!



記事投稿:池田

posted by towa at 13:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月17日

2022年の爬虫類

今更ながらに新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は多少新型コロナが落ち着いていたせいか、人出も多かったようですが、今になって感染者数が増えてきたので油断が出来ませんね。
そんな中、先週末は年末に出来なかった爬虫類ケージの丸洗いをしました。
FIx1HB2agAA3nFf.jpg FIx1FZHagAEmDfG.jpg 
隔離中のチャコ。隔離してすぐに💩されました…

11月に二度目の産卵をしましたが、ショップさんで普通にお世話をしていれば大丈夫とアドバイスを頂いたので、
ほんとにいつも通りのお世話をしていますが元気です。
FFepZ1rVEAQ5lXP.jpg
11月に産み落とした卵。お食事中に泥棒しました。婿を取るか悩みます…

冬の乾燥のせいか、ボウシトカゲモドキの半蔵が脱皮不全になりましたが、こちらも元気です。おベビも大きくなりました。
脱皮不全になっても悠然としている半蔵。寝姿のだらしないおベビ(名前は景虎になりました)

レオパたちもいつも通り、食欲旺盛で元気です。

お外出ますアピールが激しいきくちゃん。真冬に水につかるさっちゃん(床、暑いですか…?)

シェルターが狭いうめ。脱皮前のごましお。

FBX_iKAUYAAIXl1.jpg
カメもいらっしゃいます。ヤエヤマイシガメのもも。

数年で気づけば結構な大所帯なんですが、今年の目標は小型~中型のトカゲのお迎えです。寝る場所を削って頑張ります。

【ついでのように宣伝】
昨年から、電子部品の不足が報道されている通り、本当に部品が入荷しない日々が続いております。
弊社ではお探し物も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


投稿:渡辺
posted by towa at 13:30| 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月27日

二十四節気

12月22日は「冬至」でしたが、冬至は「二十四節気」の1つです。

二十四節気とは、古代中国で作られたとされる暦で、季節の移り変わりを表す指標として、農業で重宝されてきました。
農業国でもある日本でも、使われるようになり、今でも天気予報などで耳にすることがあると思います。

24sekki1.JPG

冬至や夏至、春分や秋分は解り易いのですが、立秋(8月8日頃)や、立春(2月4日頃)等、実施の季節感から1ヶ月ぐらいズレた感じがするものもあります。これは、中国での気候に時間的なずれがあるためと言われています。

二十四節気の他の季節を表す言葉として「雑節」というものもあります。

24sekki2.JPG

こちらの方が、より身近に感じるかもしれません。

あ! でも本来の意味を知らなかった言葉もありますね~ 「土用」なんてウナギを食べる日かと思ってた・・・
(ちなみに、「土用丑の日にうなぎを食べる」は、かの 平賀源内が夏の間にうなぎ消費を促すために作ったコピーという説もあります。本当かどうかは分からないみたいですが…)

いずれにせよ、四季の変化に敏感で、生活の中に取り入れてきた日本人だからこそ、今まで引き継がれ続けた「言葉」なのかもしれません。


記事投稿:池田

posted by towa at 14:50| 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。
ご不便をお掛けいたしますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

■年末年始休業期間■
2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火)
2022年1月5日(水)より通常通り営業を開始いたします。

記事投稿 中川
posted by towa at 10:31| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする