2021年04月13日

今年も「ウラシマソウ」が咲きました

家の庭は、基本的に雑草が生え放題!

その中にちょっと珍しめの草を植えた一画があります。20数年前に山から取ってきた(本当はダメ)そこに「ウラシマソウ」(学名:Arisaema urashima)が植えてあります。
15年ほど前から、突然4月ごろに花をつけるようになりましたが、その「ウラシマソウ」が今年も花をつけました!

ウラシマソウ.jpg

見てわかるように、仏炎苞の中から長く伸びた部分(付属体)が浦島太郎の釣り竿の様に見えるため、この名前が付いたといわれています。春の山では比較的良く見ることのできる植物です。

この植物、サトイモコンニャクと同じ仲間(コンニャクは加工しないと食べられない)
ですが、毒があります。
生のコンニャク同様、触るとかゆくなるそうです(試したこと無いから判りません・・・)

似たような植物に「ミズバショウ」「ザゼンソウ」他 がありますが、これも毒草!

「ウラシマソウ」我が家の「雑草庭」に春を告げる「春告げ鳥」ならぬ「春告げ毒草」です。
もう少しすると、同じ仲間の「カラスビシャク」が花を付けます。

カラスビシャク.jpg

これも毒ですが、漢方薬の材料になります。

これからだんだんにぎやかになる、我が家の「雑草庭」です。

記事投稿: 池田

posted by towa at 15:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

LEDはなぜ光るのか


以前ののブログで、LEDの種類ダイオードについての記事がありました。

記事にあるように、LEDにはいろいろな種類がありますが、そもそもなぜ光るのでしょう?

まずは、LEDの回路記号を見てみましょう。

LED3.JPG

図のように、ダイオードの回路記号から光が出ている様に書かれています。

LEDを日本語で言うと「発光ダイオード」です。LEDの構造は一般的なダイオードと基本的には同じです(機械的な構造や半導体材料は違いますが…)

LED(ダイオード)はp型半導体n型半導体がくっついた(接合)構造をしており、LEDの半導体には化合物半導体材料が使われます。たとえばGaAs半導体(ガリウムひ素化合物)の場合、価電子3個のGaが比率として多ければ、本来電子があるところに電子が存在しない「穴」の様な状態になる部分ができます。
この電子不在の「穴」を「正孔」と呼び、電気的には相対的に「プラス」と考えることができます。(p型半導体)

また、価電子5個のAsの比率が多ければ、電子が1つ余った状態(自由電子)となり、電気的には相対的に「マイナス」と考えられます。(n型半導体)

このp型半導体と、n型半導体を接合(pn接合)させ、ある程度の電圧を持った電流を流すと接合部分で「正孔」「電子」が移動して、電気的な中和状態となり、それぞれが消滅します。

電子はもともとマイナスの電荷(エネルギー)を持っていますが、この消滅により、電荷を持たなくなり、余った電子のエネルギーが「光」となって放出されるのです。

LED.gif

ここで、疑問に思われませんか?

LEDも一般的なダイオードも同じpn接合構造を持っているのに、なぜLEDは光り、一般的なダイオードは光らないのでしょうか
厳密に言うと、一般的なダイオードも「光って」いるのです。

ちなみに、光は「電磁波」で、特定の波長となった場合に、「光」として認識され、一般的に電磁波は波長が短い程、エネルギーが高いとされます。

一般的なダイオードはSi(シリコン)やGe(ゲルマニウム)を材料として使用しています。これが、低電圧で動作することに対して、LEDに使われる半導体(GaAs等)を動作させるには、高い電圧が要求されます。

低電圧で作動するということはpn接合面で発生するエネルギーも小さく、長い波長の電磁波が放出されます。つまり光(可視光)の波長のエネルギーには足りないのです。
放出された長い波長の電磁波は、半導体を覆っているモールド樹脂やガラスに吸収され熱となってしまいます。

LEDは「光」の波長を出せる程の電圧(エネルギー)を必要とし、また供給されているので、光ることができるのです。




弊社では Everlight, LENOO, KingBlight 等、各社LEDを取り扱っています。
砲弾タイプ・面実装タイプ・セグメントタイプ各種ラインアップも豊富ですので、用途に合わせお問い合わせください。




記事投稿:池田

posted by towa at 16:48| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイオードとは

ダイオードは、半導体の代表的な部品で、電気の流れを一方通行にする電子部品です。トランジスタやICなどと同じ「能動部品」と呼ばれます。
(コンデンサや抵抗は受動部品→コンデンサ抵抗器

まず、半導体とは金属と絶縁体の中間の性質を持つ物を指します。この中の不純物半導体と呼ばれるものが電子部品として使われます。
さらに不純物半導体には材質の違いによりP型とN型があり、このP型とN型をとなり合わせにしたものが電子部品の基礎となります。(PN接合)
このPN接合には一定方向に電流を流す作用などがあり、これを利用しているのがダイオードです(ややこしい!)

ダイオードの主な働きは次のようになります。
・整流(電気の流れを整える)→順方向に電流を流す(交流から直流に変換する、逆流を防ぐ)
・定電圧化(電圧を一定にする)→逆方向に一定値を超えた電圧を流す作用(降伏電圧)を利用する、過電圧から保護する
・検波(無線信号から音声を取り出す)

半導体や構造の違いによって、表のようにいろいろな用途のダイオードが作られています。
ダイオード.JPG


以前ご紹介したLEDはダイオードの中で電気エネルギーが光となって放出される現象を利用しています(発光ダイオード

LEDの発光の仕組み
LED.JPG
※クリックで拡大します

弊社でも色々なメーカーのダイオードを取り扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。


投稿:渡辺
posted by towa at 16:42| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アシスタントSと名称

こんにちは。
東和電子 東京営業所のアシスタントSです。
一昨年辺りに試し読みをしてから購入し、最新刊が出る度に読んでいる【なろう系】があります。今では色々な【なろう系】があり、ウェブで試し読みも出来るので、つい時間が経ってしまいますね。

そこで今回の日記は、読んでいる小説の中でもたまに出てくる漢方や薬膳。そちらにほんの少しだけ関わったお話です。
薬膳を頂く際の漢方の理論の考え方なのですが、食べ物って【食材・食薬・生薬】の3つに分けられます。
食材はお腹を満たすためのもの・日常的に食べるもの。食薬は食材と生薬の両方に使用できるもの。生薬は薬効が目立つもの。です。

さて、先日西洋タンポポのお話が出ていたので、個人的に面白いと思った事を書いていきますね。
タンポポを生薬名で書くと蒲公英(ホコウエイ)となります。
そして、タンポポの根の部分を乾燥させたハーブをダンデライオン(ダンデリオン)と言います。タンポポって口に入れた事がない!といった方もいらっしゃるかもしれませんが、知らずに口にしている事もありそうですよね。

以前お話をさせて頂いたのは、生姜=ジンジャー、甘草(かんぞう)=リコリスがありました。私が持っているハーブでは他にはシナモン=桂皮(けいひ)です。

では、オレンジピール=陳皮になると思いますか?答えはオレンジの種類が違うのでNOです。
オレンジピールはビターオレンジ・スイートオレンジの皮を使用するのに対し、陳皮(ちんぴ)は温州みかんやマンダリンオレンジの皮を使用して作られています。
同じ柑橘系なのですが、ちょっとした違いで呼び方が変わります。
オレンジピールは製菓用のドライフルーツのオレンジピールではなく、皮を乾燥させたドライハーブを指しています。

日常からハーブティーを飲まれたり、風邪を引いた際に漢方薬を飲まれる方もいらっしゃると思うのですが、原材料名を見ていくと、意外と身近にあるものが生薬として使われていたりするので名前を知るのは面白いですよね。
というお話でした


記事投稿 東京営業所アシスタントS
posted by towa at 10:00| 生活や健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

ボウシトカゲモドキ

我が家ではレオパードゲッコー4匹、クレステッドゲッコー1匹、ヤエヤマイシガメ1匹と生活していますが、またもヤモリをお迎えしました。
IMG_20210402_190307.jpg

ボウシトカゲモドキ(オス) 命名半蔵です。
学名:Coleonyx mitratus
和名:ボウシトカゲモドキ(動物学者の千石正一先生の命名だそうです)
分類:トカゲモドキ科 アメリカトカゲモドキ属
体長:15~18cm
生息地:中米(エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、グアテマラ)

3.gif
温暖な地域の森林にいる地上棲の小型ヤモリです。湿度が必要なため床材はヤシガラを使用して湿った場所と乾いた場所を作ります。温度は22~30℃くらいで、涼しい場所と暖かい場所を作ります。
実は我が家のレオパードゲッコーとあまり変わりのない飼育環境ですが、寒さに弱いので注意が必要です。
実際に彼らが生息している地域の温度を調べたりすると参考になるそうなので、私もそうしています(後は書籍とサーモガンが手放せない)
IMG_20210402_190519.jpg
ケージに移した途端に水をがぶ飲みして、夜中は住まいのチェックをしていたようです。そして立派な落とし物もしていたので、結構図太いと思われます。
IMG_20210403_061203.jpg
写真ではあちこち出てきているように見えますが、基本的に引きこもりな性格のヤモリです。そして人にも慣れないようです。
レオパードゲッコーやクレステッドゲッコーは比較的人に慣れるのですが(そしてこれが人気の所以なのですが)爬虫類は人に慣れないのが本来の姿なのではないかと思います。お世話をしてあげるのではなく、させて頂いているのです!(これは我が家の生き物全てに対してですが)

別に慣れなくてもいいので元気に過ごしてもらいたいですね。


投稿:渡辺


posted by towa at 10:31| 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

スーパーカミオカンデとニュートリノ

皆さん「スーパーカミオカンデ」という装置をご存じでしょうか?

この装置は、岐阜県飛騨市神岡鉱山跡の地下に存在する、「ニュートリノ」という素粒子を検出する装置です。
この装置を使った研究で、小柴昌俊先生と梶田隆章先生がノーベル物理学賞を受賞したことでも有名な装置ですので、ご存じの方もいらっしゃるでしょう。

そもそも「ニュートリノ」とはどんなモノなのでしょうか?

ニュートリノ電子と同じ原子を構成する素粒子の1つです、陽子が崩壊(β崩壊)する際に放出される放射線のエネルギー量が、陽子の持っているエネルギー量と一致しないため、かなり昔からその存在は予想されていましたが、ニュートリノ自体が電荷を持たない(電子はマイナスの電荷を持っています)事や、質量を持たないと考えられていたことから、実際に観測することが難しい素粒子でした。

その後の実験で、ニュートリノの存在は確認されましたが、質量については分からないままでした。
また、ニュートリノは宇宙の中に大量に存在しており宇宙開闢(ビック・バン)と同時に発生して、今も恒星の大爆発(超新星爆発)や恒星の活動の際に大量に放出されています。

そこで、ニュートリノをもっと調べるために作られたのがスーパーカミオカンデの前身である「カミオカンデ」です。(本来は、素粒子の安定性を確認するために作られました)
スーパーカミオカンデは、カミオカンデを大型化、さらに精密な観測をするために作られた装置です。
その構造は、巨大な円筒形をしたプールを純水で満たし、そのプールの廻りに光を観測する光センサー(光電子増倍管という)を隙間なく埋め込んだ構造をしています。

光は(真空中で)一番早いモノですが、空気中や水などの障害物中では、その速度が落ちます。そこに光に近い速度を持ったニュートリノが通過すると、発光するという「チェレンコフ効果」を光センサーで感知して、観測するのです。

スーパーカミオカンデの稼働により、ニュートリノが質量を持った素粒子であること(質量の大きさはまだ判らない)、質量を持った物質を通過すると質量の大きさによってその性質が変化すること、また、世界で初めて超新星爆発で発生したニュートリノを観測したことなど、宇宙の構造や素粒子物理の分野で、大きな成果を上げていて、宇宙の構造を知る大きな手掛かりになると考えられています。

目に見えないモノに興味・疑問を持ち、それを解決していく人間の探求心は、いったいどこまで進んでいくのでしょうか?
我々の住んでいるこの宇宙全体の仕組みが、解明されるのも遠い未来の話ではないのかも!


記事投稿:池田
posted by towa at 15:21| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤモリたちのレイアウト変更

3月の初めに病院に行った我が家のクレステッドゲッコーですが(記事)、先生のアドバイスもあり再びのレイアウト変更をしました。

IMG_20210308_191216.jpg
以前とあまり変わりがない。しかも壁から動かない。

もう少し、お休みできる平地を作りたいのですがどうしたらよいか見当がつかず、SNSのお力をお借りした所、100均の石鹸置きが良いとあったので試してみました。
試した結果がこちらです。

IMG_20210316_194938.jpg
乗った…!!!⤴✨✨
IMG_20210329_110408.jpg
お寛ぎだ…!✨(感無量)

随分とお気に召したようで日中はほぼここから動きませんが、ゆっくり休める場所が提供できて一安心です。
夜中は元気に暴れまわっています。
色々とレイアウト用品を買って来たので、我が家のレオパたちも少しレイアウトを変えました。

IMG_20210319_201206.jpg
誤食をするので床材はキッチンペーパー。何故かどや顔仁王立ち。

決して広い環境でお世話しているわけではないので、出来るだけ工夫して快適に過ごしてほしいと思います。


投稿:渡辺
posted by towa at 13:29| 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

飛行機に乗ると長生きできる?

飛行時に乗ると長生きできる

そんな訳あるはずない!と思いますよね?普通
そう、ある訳ないですが、見方を変えると一概にそうとも言い切れないとも思える現象があるのです。

時間と速度の関係を表した理論に、アルバート・アインシュタインの提唱した「特殊相対性理論」があります。この理論は、様々な実験結果から正しい事が確認されている理論です。

この理論によると、高速で移動(飛行機も高速で移動しています)している人(実際は人だけではないのですが、とりあえず)は、地上にいる人から見ると時間が僅かに遅れているそうです。

つまり、飛行機にずっと乗っていれば、寿命が延びるわけですよね?

寿命が延びるわけありません!
飛行機に乗っていようが、普通に年を取りますから…

この理論は「特殊“相対”性理論」です。

“相対”ということは、「必ず相手があって、それとの関係性」ということです。

つまり、「高速移動している人を地上から見れば時間が遅れて見えるが、実際に移動している人の時間が延びる訳ではない」ということです。

「猿の惑星」っていう古い映画があります、この映画はまさにこの理論を使った設定になっていて、超高速で宇宙航行をしていた主人公が、たどり着いたのは、猿の支配する未来の地球だった、という話です。

アルバート・アインシュタインはその後「一般相対性理論」を発表します。
これは「特殊相対性理論」の発展理論で、速度と時間だけでなく重力も含めた関係性を説いています。

実際、地上より重力の影響の少ない衛星軌道上では、地上からは時間が進んで観測されるのです。
地球軌道上にあるGPS衛星は、衛星の移動速度と重力の影響で起こる時間の遅れと進みを補正して地上に時間を発信しています。

また、アインシュタインの提唱した理論では「光より早く進むモノはない」とされています。
物質の速度が光速に近づくに従って、時間の経過は遅くなり、また質量が無ければ時間の概念自体もなくなります。
つまり、「光は時間の経過も、質量もない」ということになります。

最初の話に戻ります。

「飛行時に乗ると長生きできる」訳ではありませんが、地上にいた場合と比較すると、ほんの僅かですが「未来」に行けるのです。これは「タイムマシン」(未来方向一方通行の)ともいえるのでは?


記事投稿:池田

posted by towa at 15:38| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GND(グランド)ってなに?

今回は電子工作で初心者の私とアシスタントSさんがつまづいた、GNDについてです。まずはもう一度今回の工作を見て頂きましょう。
回路図.JPG
以前のブログでも最後はこのGNDに電気が流れていくとお話ししているのですが、そもそもGNDって何なのか、ここから電気はどう流れていくのでしょうか。

【GNDとは】
GNDとはグランドと読みます。電圧の基準を決める部分です。(0V地点)
電気は+(プラス)から-(マイナス)に流れます。電気が流れる際には押し出す力が必要です。これが電圧で、+と-の電圧の差によって流れるのが電流となります。
ですので電源から電気を流す際、電源+(プラス)と出口-(マイナス)が必要になります。この出口-(マイナス)がGNDとなります。

この工作の場合はまず電源から電気が流れ、受信機→スイッチ→抵抗→LED→GNDと流れていきます。GNDがマイナスという事はこの工作の写真に出ている配線や電気の流れはプラスの電気のみという事になりますよね。
ではGNDから先、電気はどう流れるのかという事になります。(ここで私とSさんはつまづきました)

GNDはマイナスの配線と繋がっていくのです。
ですので最終的にはGNDからマイナス極に電気が流れて循環していきます。(配線は基板の中に入っていたりして目視はできなかったりします)
図にすると下記のようになります。
電気の流れ.JPG
GNDは設計時にいくつでも作ることができます。複数のGNDは皆繋がっており、最終的にはマイナス極へ流れていくようになっています。

GNDについて所長に教えてもらいましたが、GNDがマイナスという考え方が根底にあるためGNDからどうやって電気がマイナスに流れるかというのはあまり考えたことがなかったそうです。
電気工作や設計をする方と初心者ではそもそもの概念が違うのですね。

今回の工作で使用した野村エンジニアリング製の無線モジュールはこちら(弊社HPでもご紹介しています)

次回はブザーについてです。



投稿:渡辺



posted by towa at 09:00| 無線モジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

即納可能な電子部品のご紹介

弊社では即納可能な東芝製品他がございますので、
お探しの際はこちらをご覧下さいませ。


また在庫数は常に変動しておりますので、お電話で問い合わせを頂けますと幸いです。


記事投稿 東京営業所アシスタントS
posted by towa at 11:00| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする