2020年11月13日

本格的な寒さがやってくる前のコロナや風邪などの予防対策に

こんにちは。
東和電子 東京営業所のアシスタントSです。
最近は寒さで目覚ましよりも早く起きるようになりました。

ウイルスや細菌は目に見えないものですので、対策も色々とあり、難しいものですね。
ここで、皆様ご存じかとは思いますが予防対策についてお話をしていきますね。

①:ご自身の免疫力・抵抗力を高めて頂く
  子供さんやご年配の方が風邪をひきやすい原因の一つとして抵抗力の弱さが要因としてあり
  ます。ご自身に合う体調管理をどうぞ冬前に一層高めて下さいませ。
  こちらは本当に大事な事です

②:手洗い・うがい・マスク
  現在は、様々な店舗で店頭の消毒液の設置やマスク着用のお願いがされておりますね。
  ウイルスや細菌は口から入り、抵抗力が弱まった身体ですと感染や風邪などの症状を引き起
  こしてしまいます。

③:湿度の管理
  ウイルスは空気が乾燥していると(湿度40%以下)、比較的長い時間空気中を漂ってしまいま
  す。朝、喉が乾燥していると思われる方は、部屋の湿度管理されると宜しいかと思います。

個々で出来る管理としてはこのような方法が取れるかと思いますが、
「今以上の対策を取りたい」「予防対策がなかなか難しい」「会社として安心・安全な対策強化したい」といった方には、弊社の取り扱っておりますオゾン発生器を予防対策の追加としてお使いくださいませ。

④:オゾン発生器の導入
弊社の取り扱っておりますアースウォーカートレーディング社製のオゾン発生器は、ホテル・飲食店・介護施設他でご使用頂いております。

FAXでも、お見積もり・お問い合わせを受け付けております。
弊社HPにもオゾンについてQ&A等ございますのでご覧下さいませ。こちらへどうぞ


記事投稿 東京営業所アシスタントS



posted by towa at 15:00| オゾン発生器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

オゾンで空間のリフレッシュを!

こんにちは。
東和電子 東京営業所のアシスタントSです。
日中も冷えて参りましたね。秋から冬があっという間に感じます。

さて、今回はコロナ対策として効果が認められているオゾン発生器の別の利用方法について、お話をしていきたいと思います。
お客様から頂く声で一番多いのは“脱臭”効果です。
東京営業所でもタバコの煙の実験結果をブログに乗せております→こちら
狭い空間で、コンセントがなくても利用出来る乾電池式のオゾンリフレッシュとオゾンリフレッシュプラス。
こちらはトイレや狭い空間でのご使用等で利用しているとご報告を頂いております。
電池の寿命は約1ヵ月程ですが、今は充電式の電池もございますので、使用にあった電池の選択がおススメです。

オゾンクルーラーはコンセントを必要と致しますが、有人環境での使用が出来さらに静音な製品です。事務所などの広い空間(12畳~30畳)でのご利用におススメさせて頂いております。
なんと、24時間利用して頂いても電気料金は10円掛かりません。
事務所内のタバコのニオイが気になる・応接室の空間を常にキレイにしておきたい・給湯室に漂うニオイを無くしたいといったお客様におススメしております。

また、夜間どなたもいらっしゃらない空間であれば、オゾンクルーラー3をおススメしております。(コロナ対策としてはオゾンクルーラー3がオゾンの発生量として一番のおススメです)

東京営業所内ではオゾンクルーラーを常時使用して、コロナ対策と空間の除菌をしております。
ちなみに全てメンテナンスフリーです!


記事投稿 東京営業所アシスタントS
posted by towa at 11:00| オゾン発生器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

オゾン発生器の使用感(オゾンクルーラー)

弊社ではアースウォーカートレーディング社のオゾン発生器の取扱いをしています。
脱臭の他、ウイルス各種(コロナウイルス・インフルエンザウイルス)に効果が認められています。
今回はその中のオゾンクルーラーを東京営業所で使ってみましたので使用感をご紹介します。

IMG_20201106_130021.jpg
事務所(広さ57㎡)に入ってすぐの場所に設置しています。大きさも程よいので、邪魔になりません(軽いですよ!)

さて、少し拡大してみます。オゾンクルーラーには3つのモードがあり切り替えてご使用頂けます。
IMG_20201106_130152.jpg
青いランプ点灯時はマイナスイオンが発生しています。

IMG_20201106_130049.jpg
赤いランプ点滅時は、オゾン5分後、マイナスイオンが30分発生するサイクル運転で有人環境での使用が可能です。

※赤いランプが点灯している時は、オゾンを30分放出後、マイナスイオンを放出します。(無人環境推奨)

オゾンクルーラーのオゾン発生量は200mg/hrとなり、小型ながらパワーのある製品です。
稼働時の音も発生せず、サイクル運転だとオゾン特有の匂いも気になりにくいです。
日中はサイクル運転、夜間にオゾン30分放出してウイルス対策という使い方もできるのでとても使いやすい製品です。

会議室や事務所での設置がお勧めです。
部屋の広さによって推奨設置台数も変わりますので、ご検討の際はお気軽にご相談ください。



投稿:渡辺


posted by towa at 13:47| オゾン発生器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

ウイルスと湿度って関係があるんです

こんにちは。
この時期になると、喉の乾燥に苦しめられている東和電子 東京営業所のアシスタントSです。
マスクをしていても寝ている間に外れております。外れないマスクの仕方がありましたらおしえて下さると嬉しいです。

インフルエンザやコロナウイルス、風邪。それらにかかってしまう原因は、ウイルスが体内に入ってしまう事です。
ウイルスは水分を含んでおります。が、空気が乾燥していると水分が蒸発してウイルスが軽くなり、長い時間空気中に滞在してしまうのです。
そこで大事になるのが、湿度です。
湿度が十分であれば、ウイルスは空気中の水分を取り込んでくれるので、重くなり長い時間空気中に滞在出来なくなります。

室内の温度が40%以下になるとウイルスが浮遊しやすくなってしまいます。
逆に適度に保たないと今度はカビや湿気の原因になってしまいます。
ご家庭でも今は色々な方法で乾燥対策が出来るかと思いますが、一つの方法として濡れタオルや洗濯物を部屋干しするという手があります。
そんな時にもおススメしたいのがオゾン発生器です。

お部屋の空間にもよりますが、例えばお風呂場に乾燥機がついているようでしたら、壁面のカビ防止も兼ねてオゾンリフレッシュを一緒に置いて頂いたり。
室内で干される場合は、空間にあったオゾンリフレッシュやオゾンリフレッシュプラスを側に置いて頂く事で、脱臭効果もございますので部屋干しの嫌なニオイから解放されるかと思います。
どちらも乾電池式で持ち歩きが出来ますので、便利ですよ。

御多忙で負荷がかかっている方が多いかと思います。また、マスクを付けている事で喉の渇きに気付かれない方も多いかと思いますので、もしこのブログを読んで下さったら、お茶やお水を飲まれて下さいね。
まず第一に身体の抵抗力・免疫力を上げて頂くのが、何事にも一番の予防策です。

弊社も取り扱っておりますオゾン発生器はウイルスの不活性化が検証されております。
対策の一つとして、オゾン発生器のご使用もおススメです。
空間にあったオゾン濃度の噴出量など計算して、営業がご提案をさせて頂いております。


記事投稿 東京営業所アシスタントS
posted by towa at 11:00| オゾン発生器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

冬に備える、ウイルスへの予防対策へ

アースウォーカートレーディング社製オゾン発生器を弊社で取り扱いを始めております。
コロナウイルスに対してもウイルスの不活性化というエビデンスがございますが、
冬に流行するウイルスの一つ、インフルエンザに対しても不活性化の効果が検証されております。詳しくは弊社のHPをご覧下さいませオゾン発生器特集ページ

ウイルスには、エンベロープを持つものと持たないものが存在します。
持つものはエンベロープ、持たないものをノンエンベロープと分類されています。
このエンベロープというのは、脂質と糖タンパク質から構成される膜を指します。

エンベロープウイルス.jpg

頭の良い方ならもうお判りかと思いますが、インフルエンザもコロナウイルスも同じエンベロープを持つウイルスなのです。
ウイルスはどれだけ気を付けていても人に付着してしまいます。
外出時にマスクを付けて頂く事。外出後の手洗い・うがい・消毒。
きちんとした睡眠と食事等を取られて抵抗力を上げ、免疫力を付けて頂くこと。
それらである程度予防が出来るかと思います。

更に弊社が取り扱いを始めましたオゾン発生器を使用して頂くことで、
例えば、外から来られた方が持ち込まれたウイルスも使用して頂く空間の中で段々と弱まっていき、更に予防効果が見込めます。

これから寒さが厳しくなり、体調管理が難しい季節となりますので、予防対策の一つとして、
オフィスや応接室・従業員様のご家庭にオゾン発生器もご検討下さいませ。
営業担当がお客様の要望に合う製品をご提案させて頂いております。


記事投稿 東京営業所アシスタントS
posted by towa at 11:00| オゾン発生器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする