2021年04月01日

飛行機に乗ると長生きできる?

飛行時に乗ると長生きできる

そんな訳あるはずない!と思いますよね?普通
そう、ある訳ないですが、見方を変えると一概にそうとも言い切れないとも思える現象があるのです。

時間と速度の関係を表した理論に、アルバート・アインシュタインの提唱した「特殊相対性理論」があります。この理論は、様々な実験結果から正しい事が確認されている理論です。

この理論によると、高速で移動(飛行機も高速で移動しています)している人(実際は人だけではないのですが、とりあえず)は、地上にいる人から見ると時間が僅かに遅れているそうです。

つまり、飛行機にずっと乗っていれば、寿命が延びるわけですよね?

寿命が延びるわけありません!
飛行機に乗っていようが、普通に年を取りますから…

この理論は「特殊“相対”性理論」です。

“相対”ということは、「必ず相手があって、それとの関係性」ということです。

つまり、「高速移動している人を地上から見れば時間が遅れて見えるが、実際に移動している人の時間が延びる訳ではない」ということです。

「猿の惑星」っていう古い映画があります、この映画はまさにこの理論を使った設定になっていて、超高速で宇宙航行をしていた主人公が、たどり着いたのは、猿の支配する未来の地球だった、という話です。

アルバート・アインシュタインはその後「一般相対性理論」を発表します。
これは「特殊相対性理論」の発展理論で、速度と時間だけでなく重力も含めた関係性を説いています。

実際、地上より重力の影響の少ない衛星軌道上では、地上からは時間が進んで観測されるのです。
地球軌道上にあるGPS衛星は、衛星の移動速度と重力の影響で起こる時間の遅れと進みを補正して地上に時間を発信しています。

また、アインシュタインの提唱した理論では「光より早く進むモノはない」とされています。
物質の速度が光速に近づくに従って、時間の経過は遅くなり、また質量が無ければ時間の概念自体もなくなります。
つまり、「光は時間の経過も、質量もない」ということになります。

最初の話に戻ります。

「飛行時に乗ると長生きできる」訳ではありませんが、地上にいた場合と比較すると、ほんの僅かですが「未来」に行けるのです。これは「タイムマシン」(未来方向一方通行の)ともいえるのでは?


記事投稿:池田

posted by towa at 15:38| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

フレミングの左手の法則

皆さんは、中学の理科で、「フレミングの左手の法則」を習ったのを覚えているでしょうか?

「磁界内の導体に電流を流した時のそれぞれの方向の関係」を表したもので、よく、左手の指を使って表すため、こう呼ばれるものです
とは言うものの、何のことを言っているのかさっぱりわかりません。そもそも、電流も磁界も目に見えないのですから・・・
フレミング.PNG
しかしこの法則は、モーターやダイナミックスピーカー(磁石とコイルで駆動するスピーカー)等、身近な機器に応用されています。

それでは、この法則を目にみえる様、モーターの原理を使って実験をしてみましょう。
使うのは、乾電池(単2)・足を延ばしたクリップ2本・エナメル線(回転するコイルを作る)・永久磁石だけです。
フレミング3.jpg
エナメル線を加工してコイル状にします(直径1.5㎝程度)両端を電気が通るよう、紙やすりでエナメルを剥きます。この時に一端はエナメルをすべて剥がしてしましますが、もう一端は半部だけ剥きます(ここポイント)
フレミング4.jpg
これをセロテープで組み立てます。
フレミング2.jpg
コイルを少し手で回してやると…


このように、勢いよく、廻り続けます!(コイルの巻き数や、磁石からの位置、電圧をUPする等、色々試してみると面白いですよ)

これと、「フレミングの左手の法則」との関連は、下の図のようになり、電流の向き・磁界・力(コイルの回転)がそれぞれ直角の位置関係になっているのが、解ります。
フレミング5.jpg
手で表すより、解りやすいですよね?(これ、子供に見せると大喜びです…)

フレミングの法則(左手の法則の対をなす、右手の法則もあります)は、電磁気学のほんの入り口ですが、実際に実験してみると、より理解が深まりますよね!

電磁気学は、高度な数学を使う難しい学問ですが、興味があったらちょっと覗いてみてはいかがでしょうか?



記事投稿:池田


posted by towa at 15:20| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

山の上にサンゴの化石が!

東京営業所のある関東地方には、「丹沢山地」と呼ばれる、標高1500m~1600mの山があります。
東京から比較的近く、手軽に登山を楽しめるコースもあり、親しまれています。

この山の頂上付近で、南の海でしか見られないサンゴの化石が発見されることが良くあります。
なぜ、こんな標高の高い場所で、海の生物の化石が発見されるのでしょうか?

それは、その場所が、大昔には海であったことを意味します。

日本の南には「フィリピン海プレート」と呼ばれる大きなプレートがあり北西方向にゆっくり移動しています。
このプレート上に発生した海底火山(のちに丹沢山地・伊豆半島になる)が、日本列島に衝突して現在の様な地形が形成されました。

① プレート上に発生した海底火山(丹沢山地)が日本列島に衝突する
② 衝突した海底火山(丹沢山地)に、さらに海底火山(伊豆半島)が衝突する
③ 衝突のエネルギーで、先に衝突していた海底火山(丹沢山地)が隆起して山になる
④ 海底火山の周辺に合ったサンゴも同時に隆起する
⑤ 山の頂上付近でサンゴの化石が発見される

といったプロセスが現在最も有力な説とされています。

tannzawa.gif

丹沢の例とは若干プロセスが違いますが、ヒマラヤ山脈も太平洋上に在った、インド亜大陸がユーラシア大陸に衝突した衝撃で隆起したものです。
ですから、ヒマラヤでも海の生物の化石が発見されています。

「動かざること山のごとし」と言いますが、地球は常に動いている「生きた」惑星なのです。


記事投稿:池田

posted by towa at 16:17| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

1=0.999999…… この式は間違い??

今日は、ちょっと不思議な面白数学です。

1=0.999999…… 
この式は正しいでしょうか?

「0.999999……の方が、1よりほんの少し小さいはずだから間違え」
と、思われる方が多いでしょう。

しかし、数学的には 1=0.999999……は正しいんです?

証明してみましょう

1=0.999999……の両辺を3で割ります

「=で結ばれた両辺の同じ数を足したり引いたり掛けたり割ったりしても式は変わらない」

ということを小学生の時に習いましたよね?
ですから、両辺を3で割ると

0.333333…… = 0.333333…… となりますよね?

つまり、両辺が等しいことが解りました

上記で書いた「両辺の同じ数を足したり引いたり掛けたり割ったりしても式は変わらない」というルールに従うと、1=0.999999……は正しいことが解ります。

と、書きましたが、右辺の数字が永久に9が続くかどうかは解りません。ですので、結果が本当に証明通りになるかどうかは、確認できません。
ですので、この場合は「1=0.999999……とみなすことができる」が本当の正解になるのではないでしょうか?(つまり1≒0.999999……も間違いとは言えない)


数字そのものを研究する分野を「数論」と言います。

皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、「オイラーの定理」「平方剰余の相互法則」などは、この分野の成果です。

この問題、ちょっとした営業の小ネタにどうですが?



記事投稿:池田

ラベル:数学 数論
posted by towa at 11:22| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

広島市中心部の地名の由来

広島市中心部の地名には歴史を感じさせる由来のある地名があります。

普段全く意識しておりませんが、雑学として知っておくとちょっとした雑談に役に立つかもしれません。

■「紙屋町(かみやちょう)」
 伊予の国から移り住んだ紙商人が住んでいたことから名づけられた。傘屋や合羽屋、つり提灯屋など紙を扱う職人も多かったとされる。

■「胡町(えびすちょう)」
 町名の由来といわれる「胡神社」は郡山城城下町の守護神の分身として現在の場所に建立された。
 デパートを中心ににぎわう繁華街「えびす通り」の中央にある。

■「鉄砲町(てっぽうちょう)」
 家中鉄砲組の武士が住んでいた町。現在は広島電鉄白島線が走る「白島通り」となっているが、八丁堀町、幟町、胡町の繁華街に
囲まれた一角にその名を残している。

■「猫屋町(ねこやちょう)」
 広島城築城後、府中(現在の安芸郡府中町)から移り住んだ大商人が「猫屋」を号とする商家を構えたことから名付けられたといわれる。

■「水主町(かこまち)」
 水主とは船を操る人や船頭のこと。水主が数多く住んでいた町といわれている。現在は「加古町」と表記し、「広島市文化交流会館」、「JMSアステールプラザ」が立ち並んでいる。

■「河原町」
 瓦焼き場があり、瓦を作る職人が住んでいたとされる。現在の河原町は瓦が変化したものではないかと考えられている。


  「引用文献 ひろしま通になろう 中国新聞社刊」

現在はコロナ禍なのでビジネスで広島に来られる方も少ないのですが、出張で広島にいらっしゃるお客様のなかには色んな事にお気づきになってご質問をされる方もおられますが、なかなかうまく答えることができません。「灯台下暗し」で意外と地元のことはよく知らないものですね。


記事投稿:竹内
posted by towa at 12:15| まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする