2020年09月09日

台風シーズン到来!

今年もまた台風のシーズンが到来しました。

先日の台風10号で被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

さて、年々規模が大きくなってきているようにも思える「台風」ですが、よく報道で「大型で並の勢力の台風XX号は・・・」といった言葉を耳にしますが、どういう意味なのでしょうか?
台風.JPG

① 台風の大きさ
・超大型:強風域(風速15m/s以上:黄色いところの)の半径が800㎞以上
・大型:強風域の半径が500㎞~800㎞未満
・階級なし:強風域の半径が、上記に満たないもの

という分類がなされますが、大きさが大きいからと言って、必ずしも強い(大きな被害が出そうな)台風とは限りません。(でも、半径800㎞だと、日本列島全域がほぼ含まれる大きさになります

台風の被害の中心は風と雨、そこで、風の強さを表す表現が「勢力」です。

② 台風の勢力
・猛烈な:最大風速(10分間の平均)が54m/s以上(木が根こそぎ倒れる、木造家屋倒壊の可能性)
・非常に強い:最大風速44m/s~54m/s未満(小石や看板が飛ぶ、立っていられない)
・強い:最大風速33m/s~44m/s未満(瓦屋根が壊れる、車が転倒する)
・階級なし(並ということも):上記の最大風速以下(17m/s~33m/s)

ちなみに「台風」とは北西太平洋または南シナ海に存在し、最大風速(10分間の平均)が17m/s以上のものを「台風」と呼びます。
風は、気圧の高いところから低いところに向かって吹きますので、台風の中心気圧が低いほど強い風が吹く(勢力が強い)ことになります。

③ 雨
これは、一概には言えないところですが、基本的には台風から吹く風の温度と、日本上空の気温差が大きいと大雨になりやすいようです。
特に日本付近に前線(前線は暖かい空気と冷たい空気の境目です)があるような場合、大雨で大きな被害が出る場合があるので、注意が必要です。
一般的な傾向として
・台風進路の北から北東に位置する場所
・高い山の付近もしくは山地の南から南東(山地は気温が平地に比べて低いので)
といった傾向があるように思います。(個人的な意見です…)

特に大型の台風では、台風の中心か離れていても、状況によっては、大雨になることがありますので、重運注意が必要です。

台風の研究については、日本は世界で最も進んでいるといってもよいかもしれません。
それでもやはり自然の事、何があるかわかりません。

「日頃の備え」こそが、重要なことの様に思えます。


記事投稿:池田

ラベル:台風
posted by towa at 16:27| 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする